ツール・ド・リムザン

追加済・レースレポート。

c0188525_3481957.jpg
ご連絡が遅くなって、すみません。

取り急ぎ、フランスから、現状報告を…。


レース3日目が先ほどスタートしました。


私はなんと、むちゃくちゃ悔しい寂しい悲しい事008.gifに、
レース1日目の確か65km地点で、後輪をパンクしてしまいました。

正直、山のハイペースに、うまくついていけませんでした。
登りで後ろに下がり、下りで前に上がっていく感じでした。

人生初の、国外レース。
坂道に対して垂れる事を、
萎縮しすぎていた点も、お恥ずながらありましたが、

山の速い方達にくらいついていけず、
自分の足の合う集団に、私はいました。

まだ、一日目だから、無理しすぎず、
ステージレースの力配分に自信もなかったので、
今日はこれでいきたい!!と、決めていました。


集団のペースが落ち着き、
集団の中でも、私を含む、前方4人で先頭交代を回しながら…。

先程までありえない位、ハイペースで疲れた体を、
回復してきて、アドレナリンもモリモリ出て、
とても楽しくなってきた矢先の…、スローパンクでした。

止まるのが嫌だったので、
スローパンクのまま、走りながらニュートラルカーを待ちましたが、
時速65Km~70Kmの下り坂を下っている時に、

後輪がすごい勢いで左右に振れだしたので、
「残念だけど、止まらなきゃ、危ない…」と、
仕方なく、審判員ぽい人がいる所で、止まりました007.gif

しかし、その人は、審判員ではなかったので、
私の失敗の始まりです。

後方からやってくるであろう、ニュートラルカー。

だいぶ待ちましたが、うまくニュートラルカーに会えず…。

来る車、来る車、ニュートラルカーかと期待して、
覗き込みますが、全て、観客の車。


次々に、後方女子選手が、前に進んでいきます。

このままだったらこれでレースが終わると思い…。

ジェスチャーして、フランス人観客をはしごしてポンプを借りて。


そうしたら、ラッキーな事に、
シーラント剤を持っている方に遭遇。


シーラント剤を入れ終わった後に、
ニュートラルカーが、到着しました。
 ↑しかし、もうホイールを変えている時間も惜しいので、
  シーラント剤のまま、再びレース再開。


一度、アドレナリンが出ていた状態から、
パンクでゼロストップにリセットされた私の体は、

引きちぎられそうに体中が痛い、走行になりました。


「あきらめなければ、見えるものが変わるかも知れない…。」

私に、最後まで諦めない事を、叩き込んで下さった方の事を
必死で考えながら、

死ぬ気でこぎました。体中のあちこちが激しくつって、
一人ぼっちの道の中、「痛い・痛い」と、
激しい痛みの際は、
大声を出しながら、走りました。


なぜ、こんなに辛いのか…。

それは私がとてもとても弱いからだ。

もっともっと、
強い体が欲しい…。


引きちぎられる感を感じない、
もっと強い体が欲しい…。

もっと追い込んだ、しっかりとした練習をしなければ…。
それが出来なければ、何もはじまらない。何も出来ない。

完走はしましたが、
時間がかかりすぎて、タイムアウト。

ゴール直後、
あまりの体の痛さ。

それと同じ位、激しい感動。

ゴールに迎えに来てくれた、
泊らせて頂いているムッシュの前で、
感動して、思いっきり泣いてしまいました。


パンクだけでなく、
カーペーサーや、集団復帰の仕方、
ヨーロッパレースにおける、私の今までの練習方法、
全ての対処方法において、

私には、勉強することだらけでした。

自分の居場所を前輪で作る等、
細かいテクニックを上げだしたら、キリがない程、
学びたい事だらけでいっぱいです。


翌日の朝までは、
もしかしたら走れるかも…の可能性がありましたが、

結論結果は、タイムアウト。
翌日からは走れませんでした。

応援して頂いたのに、たった1日しか走れず、
本当にごめんなさい。


しかし…。
たった一日でも、レースの内容はとても濃いものでした。

私は、なんて数え切れない、
ありがたい経験をさせて頂いたのだろう…と、
感謝の気持ちでいっぱいです。

結果はだめでしたが、
だめなのに、こんな風に本当に、言ってはいけませんが…。

最高に面白かった。
こんな風に、走らせて頂いて、
こんな経験ができて、最高に嬉しいです。

絶対・絶対、戦える体になって、
また行きます。


今後とも宜しくお願い致します066.gif
by kamejirou3 | 2010-07-24 22:51 | ツール・ド・リムザン

★自分の目標★ 楽しむ事。 続ける事。 あきらめない事。 朝起きる根性は持つ事。 教えて頂いた大切な事を 一つ一つ大切に、 進んでいきたいです。


by kamejirou3