Polar VANTAGE V

1/8(火)アドベンチャーロードの後は、ラン→スイム→ラン練。

午前中と午後のスタッフ アドベンチャーロードライドも
トルクかけて上る場所も多く
しっかり練習になりました。

一度家に帰って、洗濯などを済ませ、
再び、ランでスイム行って、ランで帰って来ました(^ ^)
c0188525_11283859.jpeg
最近、あまりに楽しくて
スーパー愛用中の、Polar VANTAGE V 。

ちょっとずつ説明書を読みながら、
説明書と自分の経験値を合わせて、
楽しく活用していっています。
c0188525_11305062.jpeg
いつもは、VANTAGE V と、Polar Flow というアプリで
今、普段のアクティビティから、ロードバイク練習、ズイフト、
筋トレ、ストレッチ、筋トレ、ラン、睡眠等に、活用しています。

この腕時計の心拍で、もちろんスイムもデータを取れるのですが
プールによっては、禁止の所も多いのでプールのデータは、
腕時計からではなく、胸の心拍ベルトから、とる方が多いです。
c0188525_12125030.jpeg
今日からは、プールのスイムのデータも取ろうと思い、
VANTAGE V と、Polar Flow の組み合わせではなく、
心拍ベルト H10 と、Polar Beat のアプリを使いました!!

Polar Flow は、心拍腕時計をつけてとったデータを活用。
Polar Beat は、ポラール心拍計 H10がアプリからいったん離れても
一つだけなら記録できる機能を使って、データを活用できます!!
c0188525_841575.jpg
↑ こちら、Polar Beat のアプリ。
今回は、これを選びました!!
c0188525_12142739.jpeg
↑H10の心拍計を胸に巻いてから、
Polar Beatを開くと、右上にアイコンが表示されます。
c0188525_12154934.jpeg
↑このアイコンを押すと、
HRをセンサーに保存する を
選べるようになるので、選択します。

これを選択してから、スタートボタンを押して
アプリから離れて泳ぎに行きました!!
c0188525_841532.jpg
しかし、泳ぎ終わってから距離を見ると0m。
あれ、失敗しているし、
後から見える機能も、なんか少ない?!
c0188525_841567.jpg
後から見直すと、選択肢に
『スイミング』と『プールスイミング』があります。

次は、プールスイミングを選んでみようと思います。
楽しみ♪楽しみ♪
c0188525_841678.jpg
今回のスイム練の心拍はこんな感じ。
今回は、平泳ぎの動きをみっちり教えてもらいました。

筋肉や動きはハードだったので、きつかったですが、
心拍はあまり上がってなかったんだな…と
よく分かりました!!

これからも続けてデータ取ってみたいです。
c0188525_12214369.jpg
↑続いて、ラン練。

デュアスロンで反省したので、行きのラン練は強度アップで挑みました。
しかし、焦っていたのか、珍しく行きはボタン押し忘れ(笑)
残念、頑張ったから、データ、めちゃくちゃ見たかったです。

上のデータは、帰りのラン練。

今日は、朝からアドベンチャーロードたっぷり乗って、
ランも短時間高強度頑張って、
スイム頑張った後だったから、
もうぐったりしていました。

それでもスピードアップしようとしたのですが
自分の感覚と同様、上げられず、
最初の2分で意に反してペース上げてみましたが、
その後、どんどん下がっていった練習パフォーマンスとなりました。

身体がどうなっていて、
どこまでの練習ができているのか。
自分の想像ではなく、数値として測りながらトレーニングできるので
非常に楽しいです。

また、続きます(^ ^)




by kamejirou3 | 2019-01-08 19:50 | Polar VANTAGE V

スマートフォンの方、良かったら、画面下の「PC」表示に切り替えてご覧下さいませ


by kamejirou3