アイアンマン西オーストラリア

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。


私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02075387.jpeg

私はなぜ、アイアンマンに行こうと思ったのか。

こんにちは

私は、20166月にアイアンマンケアンズに出場した時の事からお話させて頂こうと思います。


実は不意打ちの2015年春、私は、バセドウ病になりました。

(バセドウ病とは、心拍が非常に高くなる甲状腺の病気です。一歩間違えたら死に至る病気で、気づいて薬を飲み、落ち着いたら回復していきます)


私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02052134.jpeg

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_01531725.jpeg

私は自分がバセドウ病と気づかず、全日本選手権に出て、すぐに千切れたり、海でスタッフと、ウェットスーツ試着中に、足がつく場所で海でおぼれたりする。(スタッフにすぐに引き上げてもらい、事なきをえましたが)

そんな気づかない状況のまま、体の不調に悩む。

半年位して、ようやくバセドウ病に気付き、薬の治療スタート。

「もしかしたら、バセドウ病なんじゃないか…?」と

病気に気づいてくれたのは、山崎店長でした。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02081461.jpeg

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_01590339.jpeg

これで負けてはならぬ、と、バセドウ病の薬治療開始、

1ヶ月後にはすぐに筋トレ開始。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_01592754.jpeg

何か新しい事に挑んで、

乗り越えてみたら、と、山崎店長からアドバイスをもらいました。


だからこそ、まだ未知なるアイアンマンに行ってみようと思う。


2016年春 アイアンマンケアンズへ。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_01541152.jpeg

2015年秋。つまり半年前に出場を決めたので、

他のトライアスロンに出れないまま、いきなりアイアンマンへ。先生の許可も得て(止めても出るでしょと言われ笑)薬の治療と並行しながら、アイアンマンへ。


バセドウ病になる前に出た、赤穂トライアスロンでは、

スイムでなんともなかったのですが、

以前バセドウ病中におぼれたフラッシュバックが蘇り、

結局、海で私を心配してずっとそばについていてくれた旦那も

巻き込み、海でリタイア。


ケアンズは、荒れ狂う海で、浮いているだけでも大変でした。

自分だけでもいっぱいいっぱいだった状況で 自分のレースをないがしろにしてまで、水泳が得意で好きなのに 一緒にそばにいてくれた旦那に感謝を感じました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_01543162.jpeg

その時一緒に行ったスタッフ、さんちゃん、ヒロさんは、

荒れ狂う海を越え、3km位の所で海が荒れすぎて中止と

連絡が入り、そこからバイクパートのスタートとなりました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02055140.jpeg

あんなに海が荒れていたのに、

2人のパフォーマンスの高さにも感動しました。


そして今まで、体力関係で、あまり困ってこなかった私に、

このアイアンマンになれなかった経験は、

非常に良い経験となりました。


私達スタッフは、アイアンマンに前例がなさすぎて、

右も左も分からない初アイアンマン遠征。

まさにすべてが試行錯誤でした。

バセドウ病についても、ずっと一緒に励まして見守ってくれた

スタッフメンバーと一緒に、一生懸命な気持ちで

アイアンマンに挑めた事も、また深い仲間の絆が芽生えました。


私の課題

☆海での練習中にバセドウ病だと気づかず泳いで心拍が高すぎて呼吸困難になり、おぼれたパニックが海で泳ぐとフラッシュバックする。

そんな自分に、諦めを持つ事も必要だと、私は、もうアイアンマンに挑む事は二度とない、と思っていました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02160937.jpeg

❹私の2回目のアイアンマン生活

そんな中、次のアイアンマンにてっちゃんが生まれました。

そうして、敏徹きり塾もはじまり、トライアスロンは、3人のアイアンマンに任せ、

私はお客様と一緒にロードバイクライフを思いっきり堪能、促進し、どうしたら沢山のお客様が

ロードバイクが更に楽しくなり、皆様が楽しくなるかを考える毎日に入りました。

アドベンチャーロードとの新しい出会い、ズイフトとの新しい出会いも、私の毎日をより楽しいものにしてくれました。

そんな中、ワイズトラインさんとも出会いました。アイアンマンのてっちゃんが、いつもより更に楽しそうです。

ワイズトラインの岡本さんと、よくトライアスロンの話で盛り上がっているようです。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02260726.jpeg

てっちゃんが、昨年の11/2、シルベストサイクルのイベント、「南国練」の行きの車の中で「最近よく、ワイズトラインさんとトライアスロンの話をするんです。僕も行こうかな!」・・・に、山崎店長も「よし、いってこい!」となり

その瞬間、私の中で沢山の心が動きました。


私がアイアンマンケアンズで、

アイアンマンにはなれなかったけど、

あの人生で味わった事のないような凄い舞台、

お客様もめちゃくちゃ喜んでくれるのでは?


私も40歳代。20歳代の時に沢山の方に教えて

もらった事を周りに伝えて行く年齢。

それならば、海はもう無理、と思っていましたが

なんとかクリアーしてみてはどうだろうか。

一瞬で頭の中に、そう駆け巡り、山崎店長に、

「私も行っていいですか!」

「よしっ!いってこい」となりました。


昨年11月末のシュガーライド久米島から帰ってきたら、

いざトライアスロン練習のスタートです。


みんなとアイアンマンへ

早速、すぐにその南国練で、お客様に話をしました。皆、楽しそうに話を聞いて下さり、その中で

「よし、行きます!」と手を上げたのが

知花くんと小川さんでした(^ ^)(^ ^)

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02424604.jpg

その後、店に帰って話をしたら、ヒロさんも2回目のアイアンマンへ行きます(^ ^)と。


てっちゃんに、改めてワイズトラインの皆様を紹介してもらいました。

めちゃくちゃパワーがある皆様なので、

私はまたまた元気モリモリになりました。


そしてワイズトライン皆様もすぐに、

「一緒にアイアンマン西オーストラリアにいきましょう!」

となりました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_07431358.jpg

私は2008年から4年間、スポンサーさんからサポートを受けて競技生活を送りました。

その次の1年間は、スペシャライズドのアンバサダーも

担当させて頂きました。

私には合計5年間の契約選手期間がありました。


その時、唯一私にはなかったもの、それは身体が疲労した時、

身体とメンタル部分の両方の効果的で効率的な

科学的なケアの場所でした。


そしてあえていうならば、まだパワーメーターの普及前だったので、パワートレーニングを使っての、短時間高強度練が一番強くなると分かっていても、なかなか実現不可能でした。

機材メカと練習方法においては、山崎店長とシルベストサイクルがあったので、非常によくしてもらいました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_07431202.jpg

今は、私達にはワイズトラインさんがあるので

理学療法士さんによる「インディバ」によって

ぐったりした身体が一瞬で魔法のように回復をし、

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_07431354.jpg

アスリートであるワイズトラインさん達から

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_07431344.jpg

施術中に話してもらいながら、精神的サポートを受けながら

アスリート生活を応援してもらいました。


ズイフトスタジオで、かなり効率的なパワートレーニングも

施してもらえる環境も大きく、今、まさにアスリートとして

最高な環境がこの関西にあると思います。


こんな楽しくて素晴らしい環境の中、

私達のアイアンマン生活がはじまりました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02424662.jpg

そしてその後、一緒にシュガーライド久米島に行った時、

泳ぎが凄く綺麗だった中野さんをアイアンマンに誘いました(^ ^)

いきなり誘われて、さぞやビックリされたでしょう。


旦那のふっちーは、もうすっかり仕事に専念モードに

入りすぎていて、トレーニングから遠ざかっていたのですが、

海外に行きたいモチベーションから、

アイアンマンに行く!と重い腰をあげました。


こうして、お店にお客様と一緒に行こう、アイアンマンを

貼り出しました。


そこで手を上げてくれたのが、スーパーウーマン、都さん

ランが得意な女性でウルトラマラソンもこなし、

英語もガンガンに得意な女性も、メンバーに加わりました。


こんな8人で行ってきたのが、

アイアンマン西オーストラリアでした。


❻トライアスロン練習と対策

私は、シュガーライド久米島から帰ってきてすぐに、

ふっちーオススメの水泳教室を申込しました。

昨年の12月から今年の11月まで、しっかり習いました。


自分の知りたい、が詰まっていたので

大人になってからの水泳って、こんなにも楽しいんだ、

もしかしたらアイアンマンになりたいって目標があるから

楽しいのかな、と思いました。


そこからのスケジュールは、

アイアンマンになる、まっしぐらです。


とにかく経験値を埋めようと、

自分が不安な要素を埋めて行くことをしました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02275672.jpeg

1月上旬 舞洲デュアスロン(短距離のスピードレース)

→イメージを膨らますことができず、撃沈。バイクが楽しすぎて、周回数多く走りすぎる()

1月中旬 高槻シティマラソン10km

→バイクやりすぎてすっかり弱くなったラン。POLARと向き合いながら、どこまで走れるのか。

→自分の無理目なペース配分を学べました。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_07431332.jpg

4 石垣島トライアスロン

→しっかり泳ぎ込んでいるのに、またスイムパニックに。何度かUターンするも、意を決して、泳ぎ切る。

→これではいけないと、内灘後の7月にOWS見つけてエントリーしました。

→ランは良いテンションで走れて、割と速く走れて

自分でもビックリ。

4月と5、琵琶湖2周。

ここで、長時間高強度の練習ができました。

6 コスミック トライアスロン

→またスイムパニックに。本当きつくてスイム中に2回、

リタイアも考えました。(まさかの足がつくのに。)


これは、スイムパニックが根深いと思い、

9月のOWSを見つけてエントリーしました。


7 屋久島OWS 2.5km

念には念を。パニックにならないためだけに泳ぐ。

ノーパニック。ついにやった!!

そこから先はひたすら、時間をみつけて海練に行く。

パニックにならないために。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02174917.jpeg

8珠洲トライアスロン

荒れる海。これを超えたら自信に繋がる。

ノーパニック。むしろ楽しい。

ついに、完全パニッククリアーきたか。

そして、また意外にランが調子良かった。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02181549.jpeg
私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_10080307.jpg

9 淡路島OWS

なぜか、パニックゼロが、私の中の最優先目標。パニックになる位なら、タイムアウトでもいい。目指せ、ノーパニック。そしてOKノーパニック。


ここから先の3ヶ月は、練習やりこんだ疲労と向き合いながら、

抑え気味に過ごしました。

(今年はバイクがどんどん弱くなっていくのが

気になりながら…過ごしてきました。


しかし、アイアンマンになりたい場合、

できるだけ弱点をクリアーする事が大切で、

私の場合、バイクだけが突出して得意なので、

そこは精神的にも我慢を乗り越える時だ、と思いました)


そうして、いざアイアンマン西オーストラリア

今回は、得意なバイクは抑えめにしてでもスイムとランをしっかりやり切る。

その方が、今後も自信に繋がる。

バイクは得意だからどうにかなる。そう思い出場してきました‼️

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02305916.jpg

本番のアイアンマンマジック。

スイム、ノーパニック。まだ泳いでいたかった。

バイクは、やはり少しだけ抑えすぎたかな。

ラン、最高テンション。まだ走っていたかった。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02331147.jpeg

私が、今回アイアンマンになれて嬉しかったのは


1.スイムパニックを克服した事。


2.3年前の忘れ物をとりに行けた事。


3.ランの劣等感が少し消えた事

(しかしまだあれは奇跡、トライアスロンマジックだったと

疑っている。もっと練習したら自信もつくかな)


4.ロードレースをやってきたおかげで、

ロードレースをベースに、

ロードレースと同じくらい、魅力的な世界をもう一つ、

深く関わり、知る事ができた。ふ

自分の人生に欲しかった、自分を大切にし、

自分を見つめて自分と会話をしながら時間も過ごせて、

アイアンマンになれた事で、自分に自信を持てる事ができた。


5.ロードバイクやトライアスロンを通じて、

沢山の方と一緒に頑張りあったり、励まし合ったり、

尊敬したり、共感する事ができた。

それがめちゃくちゃ楽しい。

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02561400.jpg

私のこれから

この1年、デュアスロンからはじまり、

マラソン大会、スプリント、ショート、

OWS2回、ミドルのトライアスロンに出て、

アイアンマンへ。1年間に詰め込みました笑


同じように、一緒に詰め込んで頑張ってきた

ワイズトラインさん達や、今回一緒に遠征したメンバーとの

共感も凄く楽しかったです。


出るたびに課題が見つかり、

その課題も自分で手に入れた宝物のように感じました。


次、アイアンマンに出る時は、

全体のタイムアップを目指したい気持ちへ成長しました。


スイムとランはもう少しタイムを上げながら、

バイクはもっと爆走を狙いたいと思います。


まず私の来年からのトレーニング期は、

ロードレースにも、トライアスロンにも繋がりますので、

『バイク強化』に取り組みたいと思います。


まずは、来年の飛躍の為、今まで詰めてきた疲労抜きを

12月は行い、1月からバイクトレーニングをメインに

せっかく頑張ってきたので、

スイムとランも楽しみながら頑張っていきます。


皆様も、トライアスロンも是非少しずつでも、

はじめてみませんか。


バイクで鍛えた頑丈な身体のベースがあれば

取り組み出したら、すぐトライできると思います(^ ^)

是非やりましょう!!!!!!


私達のアイアンマンへの取り組みを

見守って応援してきて下さった皆様、

本当にありがとうございました‼️

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02345586.jpeg

トライアスロン 専門用語。

トランジット→スイムからバイク、バイクからランに切り替える事。

トライギア→トランジットに必要な用品(バイクギアや、ランギアの事。)

ストリートギアバック→ゴール後の着替え、またはスタート前に着ていたものを入れる袋。

アイアンマントラッカーアプリ→アイアンマンをレース中に追いかけて、今どこで走っているか追跡できる応援用アプリ

OWS→オープンウオータースイミング

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_02371038.jpeg

備考…参考までに

アイアンマン西オーストラリア 遠征費

◯宿泊代(4泊)¥18,8101¥4,700

◯レンタカー代 ¥20,4971¥4,100

◯向こうでの食費 ¥12,7331¥2,546

◯飛行機 ¥88,210

◯エントリー ¥61,875

合計金額 ¥202,125

私がなぜアイアンマンに行こうと思ったか。_c0188525_10101480.jpg







by kamejirou3 | 2019-12-10 11:35 | アイアンマン西オーストラリア

スマートフォンの方、良かったら、画面下の「PC」表示に切り替えてご覧下さいませ


by kamejirou3